横浜ワールドポーターズのフードコートでハワイの雰囲気を満喫!




横浜のみなとみらい地区は大きく分けて「中央地区」「新港地区」「横浜駅東口地区」の3つのエリアに分かれますが、「横浜ワールドポーターズ」は、港に近い「新港地区」にある商業施設です。

横浜ワールドポーターズがオープンしたのは1999年のことです。開業当初から1階にはフードコートがありましたが、近年ワールドポーターズの1階はハワイを意識したエリアが増え、フードコートもハワイをイメージしたおしゃれな造りに変わりました。





ハワイのマーケットがテーマの「ガーデンマルシェ」




ワールドポーターズのフードコートは現在「ガーデンマルシェ」という名前になっています。ガーデンマルシェのコンセプトは、ハワイの港のそばにある公園で開催されているマーケット。屋内でありながら、ハワイの明るい太陽の元で過ごしているような、開放感のあるフードコートです。



ウッドなど、ナチュラルな素材で作られた椅子やテーブルはゆったりサイズ。ハワイのカフェやレストランにやって来たかのような雰囲気です。よこはまコスモワールドの観覧車側のエントランスから近く、また段差もないので、ベビーカーや車椅子でも利用しやすいフードコートです。



ガーデンマルシェでは6店舗のグルメを楽しめる




ワールドポーターズのガーデンマルシェには6つのお店が入っています。フードコートがハワイのイメージになる前から営業しているお店がほとんどなので、1店舗以外はハワイとは関係のないラーメンやうどんのお店などとなっています。

ガーデンマルシェにあるお店の特徴は、男性好みのフードを扱うお店が多いことです。ステーキやローストビーフ丼、韓国料理など、しっかりとお腹にたまるフードが多く、お腹を空かせた子供たちも満足できる内容となっています。



現在ガーデンマルシェに入る6店舗は以下のとおりです。

  • 天つるり(うどん)
  • ステーキマウンテン(鉄板ステーキチャーハン)
  • ローストビーフ星(ローストビーフ丼)
  • 横浜麺大将(ラーメン)
  • チョンジュ食堂(韓国料理)
  • マノア パンケーキハウス(パンケーキ)




フードコートで本格パンケーキを楽しめる「マノア パンケーキハウス」




横浜のベイエリアはパンケーキカフェ・レストランが多くありますが、マノア・パンケーキハウスは、フードコートという気軽な雰囲気のなかでハワイ風の本格パンケーキを楽しむことができる珍しいお店です。

ふわふわのパンケーキを使ったメニューは、食事系もデザート系も豊富に揃っています。デザート系のパンケーキにはクリームもたっぷり。本格的なのに、値段は人気パンケーキカフェ・レストランよりもリーズナブルです。また、ハワイのコナブレンドコーヒーなど、ハワイのドリンクも楽しめます。

フードコートの本格パンケーキショップ「マノア パンケーキハウス」



ガーデンマルシェの営業時間




ワールドポーターズ1階のフードコート「ガーデンマルシェ」の営業時間は、10時30分から21時まで。ラストオーダーは20時30分となります。お休みは、ワールドポーターズの休館日に準じます。



まとめ




外を眺める窓はありませんが、ハワイの海風を感じるような、開放感のあるおしゃれなフードコート「ガーデンマルシェ」。ワールドポーターズの上階には映画館もあるので、映画を観る前後に簡単にランチや夜ご飯を食べる場所としてもおすすめです。


※記事の内容は、執筆・更新時の情報です。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です