【2019】横浜ベイエリアのクリスマスツリーはここがおすすめ!




毎年11月中旬あたりから始まる、横浜ベイエリアのクリスマスデコレーション。各スポットの華やかな飾りつけを楽しみに、横浜ベイエリアを訪れる方も多いようです。

クリスマスデコレーションの代表といえば、クリスマスツリー。毎年趣向をこらしたクリスマスツリーを楽しめる人気スポットが横浜ベイエリアには点在しています。

この時期、横浜ベイエリアを訪れたら立ち寄ってみたい、おすすめのクリスマスツリースポットをご紹介します。





【横浜駅エリア】横浜ベイクォーター




横浜ベイクォーターは、横浜駅東口エリアにある商業施設です。3階にあるメイン広場に、高さ8メートルの大きなクリスマスツリーが飾られています。

生のモミの木を使ったクリスマスツリーの周囲は座ることが出来るので、座って写真を撮るのもおすすめ。ツリーは16時から23時まで点灯します。

クリスマスツリーを楽しんだら6階にある屋上庭園「ベイガーデン」にも行ってみましょう。

横浜ベイクォーターの「ベイガーデン」は夜景も見える屋上庭園 – 利用出来る時間は?



ベイガーデンの入口付近には、フォトスポット「サンタの家」が設置されており、暖炉の前にはお菓子の乗ったテーブルと椅子があり、椅子に座って写真を撮ることができます。



ベイガーデンは16時から22時までライトアップされています。植え込みにはかわいいフクロウやウサギなどのライトがいくつも置かれ、ロマンチックなひとときを過ごすことができます。



ベイガーデンにはドリンクの自販機がありますが、階下のカフェやコンビニでドリンクなどを購入して、ベイガーデンの休憩場所で景色を眺めながら楽しむのもおすすめです。

横浜駅の夕暮れ時は「横浜ベイクォーター」でリラックス!



【みなとみらい】横浜ランドマークタワー




毎年さまざまなテーマのデコレーションで訪れる人たちを楽しませてくれる横浜ランドマークタワー1階のクリスマスツリー。みなとみらいで一番華やかで豪華なクリスマスツリーです。

今年のテーマは「雪降る白い森の奇跡」。北欧の森をイメージしているそうです。12月25日の終了日までの土日を中心としたイベント「Merry Snow Christmas 2019」では、降雪イベントが開催されます。

横浜ランドマークタワーへの行き方は?最寄り駅からのアクセス案内



【みなとみらい】横浜ロイヤルパークホテル




ほぼホテル利用者しか存在を知らない、穴場感のあるクリスマスツリーです。横浜を代表する国際ホテルのロビーにふさわしい上品で豪華なクリスマスツリーを鑑賞できます。

横浜ランドマークタワーのクリスマスツリーの正面にホテル1階につながる通路があります。通路の先を左に入ると、横浜ロイヤルパークホテルのロビーに出ることができます。ロビーはホテル利用者のための場所なので、マナーを守って鑑賞しましょう。



【みなとみらい】マークイズみなとみらい




今年のマークイズみなとみらいのクリスマスツリーはちょっとユニークです。1階のグランドガゼリアに設置された「スターライト ガーデン ツリー」は、ツリー内にドームがあり、なかに入ることができます。

ツリーのドームの中に入ると、色が変化する光に包まれる体験ができます。ドームはクリスマスツリーの正面にあるので、ドームのなかに入っている姿を同行者に撮ってもらえば、クリスマスらしい素敵な写真を撮影できそうです。

「マークイズみなとみらい」に行ってみよう – 営業時間や駐車場は?



【みなとみらい】みなとみらい東急スクエア






クイーンズスクエア横浜内にある商業施設「みなとみらい東急スクエア」では、神奈川県・箱根にある「星の王子さまミュージアム」とコラボレーションしたかわいいクリスマスツリーを楽しめます。



みなとみらい東急スクエアの各エントランスには、星の王子さまのぬいぐるみなどでデコレーションされたクリスマスツリーが置かれています。場所によってツリーを飾るリボンの色が違うのも楽しい演出です。

みなとみらい東急スクエア①の3階では、12月25日まで「星の王子さまミュージアム 展覧会」が開催されているので、こちらもぜひ立ち寄ってみてください。



【みなとみらい】クイーンズスクエア横浜




クイーンズスクエア横浜の2階「クイーンズモール」の先に大きく見えるのが、クイーンズスクエア横浜の2019年のクリスマスツリー「Play hope Tree 〜希望を奏でるクリスマスツリー〜」です。高さは11メートルもあるそうです。



ツリーの下のほうには鍵盤があり、赤く色がついているところに触れるとクリスマスツリーが音と光で反応します。

夕方から夜にかけて、1日6回のショータイム(約8分)があり、ホリデーシーズンらしい華やかな、光と音楽を使ったショータイムを楽しむことができます。



【みなとみらい】 マリン アンド ウォーク ヨコハマ




みなとみらい新港地区のおしゃれ商業施設「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」の2019年クリスマスは「メリー メロー クリスマス」。



毎年、ナチュラル・エコなどがテーマのユニークなスタイルのクリスマスツリーを楽しめるマリン アンド ウォーク ヨコハマですが、今年のテーマは「JUNK & POP」です。

おしゃれなツリーは、廃材(スクラップ ウッド)を組み合わせて作ったもの。近づいてよく見てみると、さまざまな廃材が組み合わさっていることがわかります。



【みなとみらい】MMテラス




オフィスビル「MMグランドセントラルタワー」の1階と2階にある小さな商業施設「MMテラス」。グランモール公園に面した、ツタヤの向かい側にあります。



MMテラス1階のエレベーター脇に毎年大きなクリスマスツリーが飾られています。オーソドックスなタイプのツリーですが、見ごたえは十分です。

横浜駅からみなとみらいはおすすめ散歩道!たった20分でアクセス!



【みなとみらい】横浜赤レンガ倉庫




11月22日から始まった、横浜赤レンガ倉庫の冬の人気イベント「クリスマスマーケット」。ホットワインやソーセージなどを売る楽しげな屋台に囲まれた場所に大きなクリスマスツリーが設置されています。



横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット会場は、クリスマスツリーの周囲以外にも素敵なフォトスポットがたくさんあります。今年はみなとみらいの風景をバックにした「YOKOHAMA」のイルミネーションが話題です。



まとめ




クリスマスシーズンはひときわ華やかな雰囲気になる横浜ベイエリア。夕方以降は、クリスマスツリーだけでなく、さまざまな場所でイルミネーションも楽しめます。寒くなる季節ですが、いろいろな場所を巡って、横浜ベイエリアのクリスマスを楽しんでみてください。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です