ほかにもあった!横浜の観光スポットをお得にまわれる1日乗車券


Tsushimahikariさんによる写真ACからの写真


先日は横浜市営バスや市営地下鉄ブルーラインをお得に利用できる1日乗車券「みなとぶらりチケット」についてご紹介しましたが、ほかにもお得きっぷはないのだろうか、と調べてみたところ、みなとぶらりチケットを基本にした、京浜急行線相鉄線のお得きっぷが見つかりました。今回は京急線の「横浜1DAYきっぷ」と相鉄線の「相鉄発みなとぶらりチケット」「相鉄MMチケット」についてご紹介します。





横浜1DAYきっぷ(京浜急行)


横浜1DAYきっぷは、限られた区間となりますが、京浜急行線と横浜市営バスと地下鉄ブルーラインを1日自由に乗り降りできるお得なきっぷです。「みなとぶらりチケット」に京浜急行線がプラスされたようなチケットですが、更にみなとみらい線の1日乗り放題も含まれます。きっぷは複数(2枚もしくは3枚、購入場所による)となるので、購入時に取り忘れのないようにしてください。

横浜1DAYきっぷは乗り物の運賃がお得になるだけでなく、提携店舗・施設などでの優待特典もついています。横浜市交通局が販売する「みなとぶらりチケット」の優待特典と、横浜高速鉄道が販売する「みなとみらい1日乗車券」の両方の特典を利用することができます。

発売場所

京浜急行線の各駅(泉岳寺駅はのぞく)

各路線のフリー区間

京急線 : 横浜駅から上大岡駅までの区間

市営バス : ベイエリアや関内、野毛方面など、横浜の観光エリア

     (観光スポット周遊バスあかいくつも利用できます)

市営地下鉄 : 横浜駅から上大岡駅までの区間

     (途中駅の阪東橋、吉野町、蒔田、弘明寺では下車できません)

みなとみらい線 : 全線



料金の一例

東京方面からの一番遠い駅である品川駅からの横浜1DAYきっぷの料金は、大人11101120円・小児560570円。逆に三浦の三崎口駅からの料金は大人13001310円・小児660円となります。横浜駅で購入した場合は、大人840円・小児430円です。



相鉄発みなとぶらりチケット(相模鉄道)


相鉄発みなとぶらりチケットは、その名のとおり、相鉄線の往復割引に「みなとぶらりチケット」を組み合わせた内容の1日乗車券です。こちらのきっぷは、京急線とは違い、1枚だけとなります。優待特典もついており、内容はみなとぶらりチケットと同じです。

発売場所

相鉄線の各駅(横浜駅・湘南台駅をのぞく)

各路線のフリー区間

市営バス : 横浜から元町のベイエリア・港の見える丘公園・三渓園

     (観光スポット周遊バスあかいくつも利用できます)

市営地下鉄 : 横浜駅から伊勢佐木長者町までの区間

料金の一例

 一番遠いゆめが丘駅から利用した場合の料金は、大人10601080円・小児540円となります。逆に一番近い平沼橋駅から利用した場合の料金は、大人740円・小児380円です。



相鉄MMチケット(相模鉄道)


この1日乗車券は、相鉄線の往復運賃とみなとみらい線の乗り放題がセットになったお得きっぷです。こちらのきっぷも複数枚ではなく1枚のみとなります。きっぷの提示で、みなとみらい線沿線の提携施設を割引料金で利用できます。

発売場所

相鉄線の各駅(横浜駅をのぞく)

フリー区間

みなとみらい線全区間

料金の一例

 一番遠い湘南台駅やゆめが丘駅から利用した場合の料金は、大人10101030円・小児520円となります。逆に一番近い平沼橋駅から利用した場合の料金は、大人690円・小児360円です。



自動券売機で買えるお得きっぷで気軽に横浜観光へ


「横浜1DAYきっぷ」「相鉄発みなとぶらりチケット」「相鉄MMチケット」は、京急線や相鉄線を利用して横浜の観光エリアを訪れる時にぜひ使ってみたいきっぷです。「きっぷ」なので、自動券売機でかんたんに購入できるのも便利ですね。

※記事の内容は、は執筆・更新時のものです。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です