横浜の人気デートスポット「象の鼻パーク」- 象の鼻の由来と歴史は?




横浜の観光スポットを検索してみた時に、「象の鼻」という不思議なネーミングを見つけたことがあるかもしれません。象の鼻は動物園とは関係のない、横浜港にある防波堤のことで、横浜港の歴史を語るのに外せないスポットです。

現在の象の鼻周辺は「象の鼻パーク」として整備され、夕暮れ時はデートにおすすめのロマンチックな夜景スポットに。気になる象の鼻の由来と、その場所をご案内します。





「 象の鼻」の由来と歴史




象の鼻があるのは、大さん橋客船ターミナルのつけ根あたりです。大さん橋の先端に向かって左側にあります。象の鼻という名前は、その名のとおり、象の鼻のかたちによく似ているからです。防波堤が作られた当初から同じかたちをしていたのではなく、横浜開港当時からかたちを変えながら、現在の象の鼻のかたちになっていったそうです。

現在では象の鼻と呼ばれている防波堤ですが、海外の5か国と修好通商条約が結ばれた翌年の1859年に横浜港が開港して防波堤が作られた時は、まっすぐなかたちをした防波堤で、「東波止場」(イギリス波止場)という名称でした。

東波止場は、外国船の荷物の積み降ろしに使われていました。沖に外国船を停泊させ、小型船が行き来をして波止場で荷物を積み替えていたそうですが、風が強い日は波の影響で小型船の作業が滞ることが多く、そのため1867年に高波の影響を受けづらい象の鼻のかたちをした防波堤を作ったそうです。

東波止場は1923年の関東大震災の影響で大きく沈下してしまったそうですが、その後再建され、そのころから今のような「象の鼻」という名前で呼ばれるようになったようです。

象の鼻のあるエリアはかつては観光整備されていなかったので、近くを通ってもどこに象の鼻があるのかよくわかりませんでしたが、現在は遊歩道の「山下臨港線プロムナード」から象の鼻付近を見下ろすと、まさに象の鼻のようになった防波堤のかたちを確認することができます。

「山下臨港線プロムナード」は横浜港を眺めながらのおすすめ散歩道





 

開港150周年記念にオープンした「象の鼻パーク」


横浜港が開港150周年を迎えた2009年、象の鼻とその一帯は「象の鼻パーク」としてオープン、今では横浜の人気観光スポットとなっています。

象の鼻から海づたいに歩いて行くと緑の芝生の公園エリアに出ることができます。中央にはレストハウスの「象の鼻テラス」があり、なかには「象の鼻カフェ」が併設されています。象の鼻カフェの名物は象の顔をモチーフにした「ゾウノハナソフトクリーム」。かわいいフォルムが写真映えする、人気のスイーツです。



「象の鼻パーク」はデートにも人気の夜景スポット


 夕刻以降の象の鼻パークは、デートにもおすすめの夜景スポットに変身します。この場所からのみなとみらい地区の眺めはロマンチックそのもの。また、象の鼻パーク内に設置されているスクリーンパネルは暗くなると点灯し、更にムードを盛り上げてくれます。みなとヨコハマらしい雰囲気を満喫できる、写真撮影にも人気の夜景スポットです。



まとめ




昼間はのどかで夕刻からはムードが高まる象の鼻パーク。どちらの時間帯でも散策におすすめのスポットです。象の鼻の先端から赤レンガ倉庫入口までの、公園のはじからはじまでのんびりと散歩しても、15分から20分程度で歩けます。芝生エリアには座るのにちょうど良い大きな石がたくさん置かれているので、海を眺めながら休憩もできますよ。

「横浜赤レンガ倉庫」は観光もショッピングも出来るお得な商業施設

※記事の内容は、執筆・更新時の情報です。


 



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です