横浜のおすすめお土産スポット – 横浜駅西口エリア編




先日は横浜駅東口エリアのおすすめお土産スポットである横浜そごうをご紹介させていただきましたが、今回は横浜駅西口エリアのおすすめお土産スポットについてご紹介させていただきたいと思います。


横浜駅西口エリアでちょっとすてきな横浜のお土産を探している時は、「ヨコハマ・グッズ 横濱001」のショップが設けられている、デパートの「横浜タカシマヤ」がおすすめです。

横浜のおすすめお土産スポット – 横浜駅東口エリア編





「ヨコハマ・グッズ 横濱001」とは?


ヨコハマ・グッズ 横濱001(ヨコハマゼロゼロワン)は、横浜の地域ブランドの総合的な呼び名です。発足のきっかけは1989年に開催された「横浜博覧会YES’89」で、クラフトマンシップを大切にし、質の良い横浜土産を開発しよう、というコンセプトを掲げてスタートました。

ヨコハマ・グッズ 横濱001の商品の選定は2年に1回、全ての商品が一度リセットされ、審査会で新たに認定商品が選ばれるというシステムになっています。審査会では試食や試飲はもちろん、価格や横浜らしさなども評価します。そして最後に行われる総合審査を通過した、厳選された商品だけが店頭に並びます。



ヨコハマ・グッズ 横濱001は横浜タカシマヤの7階にある


厳しい審査を通過したヨコハマ・グッズ 横濱001は、まさに横浜の逸品揃い。横浜の老舗デパートとして信頼が厚い横浜タカシマヤにふさわしいヨコハマ・グッズ 横濱001のショップは、横浜タカシマヤの7階にあります。

横浜タカシマヤのフロア構造は少し複雑なので、初めて訪れる場合は迷うことがあるかもしれません。ショップの正面にある「タカシマヤカードカウンター」を目指すのがおすすめです。



お土産菓子からファッショングッズまで揃うヨコハマ・グッズ 横濱001




ヨコハマ・グッズ 横濱001のショップで扱われてる商品は実に多彩です。お菓子や食料品はもちろん、雑貨や元町の人気ショップ「キタムラ」「フクゾー」などのファッション小物なども置かれています。食料品のセクションには、横浜に住んでいてもなかなか目にすることがない、珍しいアルコール飲料や調味料も。もちろん、横浜中華街の人気店の商品もたくさん置かれています。

人気は「横浜DeNAベイスターズ」のグッズ各種。野球やベイスターズに詳しくなくても、つい手がのびるような魅力的な商品が並んでいます。(横浜タカシマヤに隣接する商業施設のジョイナス地下1階には、ベイスターズのオフィシャルグッズショップがあり、こちらでもベイスターズグッズを購入できます)



崎陽軒+DELIで「ひょうちゃん」グッズをゲット!




横浜タカシマヤに隣接する商業施設「ジョイナス」にも、人気のお土産スポットがあります。

崎陽軒のシウマイといえば、横浜を代表するお土産の1つ。西口の商業施設「ジョイナス」には、シウマイやお弁当だけでなく、崎陽軒のマスコットキャラクター「ひょうちゃん」グッズを扱うお店があります。

ひょうちゃんグッズを扱っている崎陽軒は、ジョイナスの地下1階にあります。JR横浜駅の中央改札からならば中央通路を西口方面に歩き、ジョイナスに入ったらすぐ右側を見てください。角に「崎陽軒+DELI」という店舗があります。

横浜には多くの崎陽軒のショップがありますが、ひょうちゃんグッズを揃えているのはここだけです。小さな雑貨から大きめのぬいぐるみまで、ひょうちゃんグッズはいろいろ揃っています。横浜で珍しいお土産を探している時におすすめのスポットです。

「崎陽軒+DELI」は、ジョイナスの「「ダイヤキッチン」というエリアにありますが、「ダイヤキッチン」には、そのほか、「ありあけのハーバー」「フランセ」「喜久屋洋菓子舗」といった、横浜スイーツを扱うお店も入っています。




まとめ


ヨコハマ・グッズ 横濱001のショップがある横浜駅の西口エリアは、個性的な横浜土産を見つけたい時におすすめの場所です。なお横浜タカシマヤのデパ地下には「かをり」「霧笛楼」「馬車道十番館」「ありあけのハーバー」など、横浜土産のお菓子を販売するお店が数店舗あります。


※店舗内容は、執筆当時の情報によるものです。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です