「大さん橋客船ターミナル」は横浜港の絶景を楽しめる無料スポット




日本の客船はもちろん、海外からの大型客船もやってくる横浜港の「大さん橋客船ターミナル」。船が好きな方にとって人気の高いスポットですが、客船の入港がない時でも、屋上を散策して横浜港の素晴らしい眺めを楽しめる人気の無料観光スポットです。

さん橋の左右に横浜らしい絶景を眺めることができる大さん橋客船ターミナルですが、夕方以降はみなとみらい方面に華やかな夜景を楽しめる人気のデートスポットに。また神奈川県庁・横浜税関・横浜開港記念会館の「横浜三塔」を眺めることができる場所の1つとしても有名です。





大さん橋客船ターミナルの愛称は「くじらのせなか」




大さん橋客船ターミナルの正式名称は「横浜港 大さん橋 国際客船ターミナル」です。かつてあったターミナル施設は、横浜港に到着した外国人乗船客用のお土産ショップが並ぶ程度のとても地味な施設でした。

現在の大さん橋客船ターミナルは、2002年に完成した施設です。国際コンペにより選ばれた英国在住の建築家たちにより設計されました。

大さん橋客船ターミナルは地上2階建てで、1階は有料の駐車場スペース、2階には出入国ロビーや飲食店・売店などがあり、そして屋上部分は自由に散策出来る広場となっています。



新しい大さん橋客船ターミナルが完成した数年後、横浜市港湾局が愛称を一般から募集、選ばれたのが「くじらのせなか」です。大さん橋客船ターミナルの公式ウェブサイトでは、屋上部分の名称がこの「くじらのせなか」となっています。



大さん橋の屋上部分は、離れた場所から見ると大きくゆるやかな2つの山形になっています。これは波のうねりのイメージからデザインされたそうですが、このかたちが大きなクジラの背中を想像させます。



また、2階部分の屋内は柱が設けられていないデザインのため、大きな穴のような造りになっており、こちらはまるでクジラのおなかの中に入ったような気分にさせてくれます。



大さん橋の屋上は24時間利用出来る無料スポット




大さん橋客船ターミナルの屋上スペースは、24時間開放されている無料のスペースです。

ウッドデッキでできている屋上スペースは、足にも優しいおすすめの散策スポット。リードをつけていればペットの同伴も可能です。屋上には天然芝が敷かれているスペースもありますが、芝生エリアは立ち入り禁止となっています。



海外からの大型客船が入港する大さん橋客船ターミナルは大きく、さん橋の付け根から先端まで歩くとかなり距離を感じるかもしれません。日陰がほとんどないので、夏の日中などは日焼けに注意が必要です。また屋上には飲み物の自動販売機があります。



横浜の絶景を楽しめる大さん橋客船ターミナル






左右に横浜らしい素晴らしい眺めを楽しめる大さん橋客船ターミナル。さん橋の右側には、山下公園方面の穏やかな風景を眺めることができます。さん橋の先端まで行けば、横浜ベイブリッジがよく見えます。



さん橋の左側には、みなとみらい方面の風景を眺めることができます。日中の眺めも素晴らしいですが、夜が明るいみなとみらい方面は、暗くなってからの夜景がとてもロマンチック。夜景デートに大人気のスポットです。



大さん橋のウッドデッキの床のあちこちには、おすすめフォトスポットが示されています。その場所から風景を撮影すれば、観光パンフレットに載っているような構図の写真を撮影できるでしょう。



また、さん橋の左側からは、神奈川県庁本庁舎(キング)・横浜税関(クイーン)・横浜開港記念会館(ジャック)の横浜三塔を眺めることができます。



ウッドデッキの上には、横浜三塔を眺める立ち位置も示されているようですが、その位置でなくてもさん橋の左側には横浜三塔を眺めることができる場所が多くあります。さん橋の付け根に近い場所からは見えないので、付け根から離れた、さん橋の少し先の場所から眺めてみてください。



休憩は大さん橋の2階スペースへ




出入国ロビーのある2階部分は、船の出入航やイベントがない時は、広々とした静かなスペースです。記念日利用に人気の高級レストランやお土産ショップやカフェもあります。



2階の利用時間は9時から21時30分となっており、化粧室や無料休憩スペースを利用することができます。屋上の中央付近からも2階部分に入ってくることができるのが便利です。



気軽に立ち寄れるカフェレストラン「ブルーターミナル」は、横浜港の風景を眺めながら食事やコーヒーを楽しめるおしゃれなお店。夜はバーとしての利用もできるので、デートの際にもおすすめです。

ブルーターミナルの基本の営業時間は10時から22時30分(土日祝は9時から)、ラストオーダーは21時30分です。



大さん橋客船ターミナルへのアクセス




大さん橋客船ターミナルの最寄り駅は、みなとみらい線の日本大通り駅です。3番出口から地上に出た目の前にある道路を向かい側に渡ると「大さん橋通り」という通りに出ることができます。海方向に続く道路です。



大さん橋通りをしばらく歩くと、大さん橋客船ターミナルへ続く道路の入口がある交差点にアクセスできます。3番出口から大さん橋の建物まではゆっくり歩いて10分ほどの距離です。

そのほか、市営バスで大さん橋の近くまでアクセスすることもできますが、バスを利用するのならば横浜観光スポット周遊バス「あかいくつ」の利用がおすすめです。



あかいくつは、JR桜木町駅前のバスターミナルが始発の周遊バスで、大さん橋にバス停があります。あかいくつを利用すれば、歩くことなく大さん橋の入口にアクセスすることが出来ます。

横浜観光スポット周遊バス「あかいくつ」でお得に人気スポット巡り

まとめ




横浜の絶景スポットとして人気の高い「大さん橋客船ターミナル」。素晴らしい風景を眺めながら散策も楽しめるおすすめの無料観光スポットです。大きな客船が停泊中は景色が見えなくなってしまうので、風景が目的の場合は、客船の入港予定がない日を狙って訪れてみてください。

※記事の内容は、執筆・更新時の情報です。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です