「アメリカ山公園」は夜景もきれいなおすすめデートスポット




かつて外国人たちが居住していた洋館が保存・公開され、古き良き横浜の空気を満喫出来る「山手エリア」。元町商店街から見上げる丘の上が山手エリアです。

山手エリアでよく聞く名前が「イタリア山」「フランス山」「アメリカ山」といった単語ですが、実は横浜に住んでいてもどこにどれがあるのかよくわかっていない人が大多数だと思います。

今回は元町エリアを訪れた際に気軽に立ち寄れるおすすめの観光スポット「アメリカ山公園」について調べてみました。





アメリカ山公園は駅舎の上にある屋上庭園




アメリカ山公園はまだ新しい公園で、公園内のすべてが開園となったのは2012年のことです。みなとみらい線の元町・中華街駅の駅舎の上に作られた屋上庭園で、アメリカ山という名称はもともとはなかったようです。この地が戦後米軍に利用されていたなど、アメリカに縁のある場所だったため、アメリカ山公園、と名づけられたそうです。

アメリカ山公園はそれほど広くはありませんが、緑の芝生が美しい西洋庭園を満喫できるスポットです。丘の頂上にある公園ではありませんが眺めは良く、横浜のシンボルである「横浜ベイブリッジ」「横浜マリンタワー」そして「横浜ランドマークタワー」を望むことができます。

のどかな雰囲気が気持ちの良いアメリカ山公園は、昼間も夕方も散策や休憩におすすめの公園です。暗くなってからは夜景が美しく、横浜のおすすめデートスポットとなります。



アメリカ山公園の基本情報




アメリカ山公園への入園は2か所からできます。1つはみなとみらい線の元町・中華街駅の元町寄りの改札を出て、エレベーターやエスカレーターで上がった先にある入口です。

もう1つの入口は、元町商店街から丘に続く細い坂道を上がった先にあります。公園の入口は門のような造りになっているのですぐにわかるでしょう。元町商店街から行く場合には、「ウチキパン」という元町の老舗パン屋の前を通って、2手に分かれる左側の坂を上がります。



アメリカ山公園への入園は無料。開園時間は6時から23時です。年中無休で開園していますが、公園の整備のために休園することもあるようです。



アメリカ山公園へのアクセス




みなとみらい線の「元町・中華街駅」元町寄りの改札(元町・新山下方面)を利用します。この改札は、みなとみらい線の下り方向にあります。

改札を出たらすぐ右側に進み、6番出口を目指します。公園に上がるには、エレベーター、エスカレーターどちらも利用できます。エスカレーターならば、4階まで上がるとアメリカ山公園に到着です。途中の階にはトイレもあるので安心です。



アメリカ山公園の冬はイルミネーションを楽しめる


アメリカ山公園では、晩秋から初春にかけての期間、ロマンチックなイルミネーションを楽しむことができます。「SWEET MEMORY in アメリカ山公園」は、毎年開催される人気のイベント。クリスマスの時期は美しく飾り付けられたクリスマスツリーも楽しめます。

2019年開催のSWEET MEMORY in アメリカ山公園は、2019年11月22日から2020年3月1日まで開催され、イルミネーションの点灯は初日以外は16時30分から行われていたようです。



まとめ


横浜中華街や元町などで観光やデートを楽しんだあと、元町・中華街駅からみなとみらい線に乗車して横浜を離れることも多いと思いますが、最後に立ち寄るスポットとしておすすめなのがこのアメリカ山公園です。数十分の余裕があれば、公園に上がってロマンチックな夜景など横浜らしい風景を眺めて、観光やデートの素敵な締めくくりができそうですね。

「フランス山公園」は横浜山手の穴場散策スポット

※記事の内容は、執筆・更新時の情報です。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です