水町通りで左右を見てみると?- 横浜「二塔」を望む穴場スポット




横浜の水町通り、と聞いても、その場所がすぐ頭浮かんで来る方はなかなかいないと思います。

水町通りは、山下町にあるストリートです。山下公園の向かい側には「県民ホール」がありますが、その県民ホールの裏側にある細い通りが水町通りです。

平日は地元の方や荷物を運ぶ軽トラックなどの往来が多い水町通りですが、観光で山下町周辺を訪れた方はあまり利用しない場所なので、週末や祝日はちょっとがらんとしていて静かな雰囲気です。

この水町通りは、左右に横浜の新旧のシンボルタワーを眺めることが出来る、小さな穴場の観光スポットです。横浜中華街からみなとみらい方面に向かう時(またはその逆)などに、水町通りを歩いて「横浜二塔」を眺めてみませんか。





水町通りへのアクセス




水町通りの最寄り駅は、みなとみらい線の日本大通り駅です。日本大通り駅は改札が1か所だけのわかりやすい駅です。改札を出たら、右側に進みます。

地上に出た場所は、3番出口の「情文センター口」です。この場所から斜め右側を見ると、ホテル「ザ・コンチネンタルヨコハマ」があるので、交差点をそちら側に渡ってください。



ホテルの前から港に続く道は「大桟橋通り」と言い、そのまま真っ直ぐ進むと大さん橋客船ターミナルにアクセス出来ます。



この大桟橋通りの途中で、「MAMMUT STORE 横浜」が1階にあるビルの角を曲がったところからスタートするのが水町通りです。



レストラン「ホフブロウ」の前からの眺めがおすすめ




水町通りに入ったらそのまま直進します。水町通りには人気のレストランが数件ありますが、その中でも有名なのが老舗の洋食レストラン「ホフブロウ」です。

老舗洋食レストランらしいクラシックな店構えのホフブロウは、遠くからでも黄色い看板が目立っています。この看板を目指して進んでください。



このホフブロウのあたりで立ち止まり、水町通りの左右を見てみると、右に「横浜マリンタワー」、左に「横浜ランドマークタワー」という、横浜の新旧2つのシンボルタワーを、ちょうど建物群のあいだに眺めることが出来ます。



水町通りの周辺は観光スポットがいっぱい




水町通りには観光スポットはありませんが、周辺には有名な観光スポットがたくさんあります。海側に出れば山下公園大さん橋客船ターミナル、通りを真っ直ぐ進めば横浜中華街元町にアクセス出来ます。

山下公園は横浜で一番有名な公園 – 実は見どころもいっぱい!

大さん橋客船ターミナルには、神奈川県庁本庁舎(キング)、横浜税関(クイーン)、横浜開港記念会館(ジャック)の、「横浜三塔」を眺めることが出来るスポットも。横浜三塔を眺めることが出来るスポットは公式では3か所しかなく、この大さん橋のスポットはそのうちの1つです。

「大さん橋客船ターミナル」は横浜港の絶景を楽しめる無料スポット



まとめ




観光スポットではありませんが、左右に横浜の新旧2つのシンボルタワーを眺めることが出来る水町通りは、横浜ベイエリアのちょっとした穴場スポットです。太陽の当たり加減で、午前中はランドマークタワーがきれいに見え、夕方近くはマリンタワーがきれいに見えると思います。

横浜マリンタワーの営業再開はいつ?港を今も見守る横浜のシンボル

※記事の内容は、執筆・更新時の情報です。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です