横浜中華街の「ベビースターランド」で横浜限定お土産をゲット!




横浜中華街の大通りに面した、エンターテインメント施設「横浜博覧館」。1階では中華街を始めとするさまざまな横浜土産を扱い、3階にはおしゃれなガーデンテラスカフェを構える、横浜中華街の人気施設です。

そんな横浜博覧館の2階にあるのが、全国で親しまれている人気のおやつ「ベビースターラーメン」のテーマパーク「ベビースターランド」です。

それほど広いスペースではありませんが、ベビースターラーメンの製造過程を見学したり、カフェスペースで出来立てのベビースターラーメンを食べたり、また、このベビースターランドでしか買うことが出来ない限定のお土産も手に入れることができます。





ベビースターラーメンが出来上がる様子を見学出来る!




ベビースターランドのある2階へは、横浜博覧館1階の左側にあるエスカレーターを利用してアクセスします。2階に着いたその場所はベビースターラーメンに関するいろいろなお土産が売られているスペースです。

そのお土産スペースの奥に調理場のような場所が見えますが、このなかでベビースターラーメンの製造を行なっており、製造の過程をガラス越しに見学することができます。

ベビースターラーメンの製造は、小麦粉を混ぜ合わせるところから油で揚げるところまで。製麺した白い麺はまず蒸され、その後高温の油で一気に揚げられることにより、ベビースターラーメンおなじみの茶色い麺となります。

揚げたのちに取り出される麺は大きなかたまりになっています。油切りをする作業は最大の見せ場。迫力あるシーンを目の前で見ることができます。かたまりのベビースターラーメンは油切りのあと、専用のマシンで細かくカットされます。



出来立てのベビースターラーメンを食べられる!




このベビースターランドの調理場で製造された出来立てベビースターラーメンは、調理場の隣にあるカウンターで購入して、カフェスタイルのイートインスペースで食べることができます。



出来立てベビースターラーメンはカップに入ったスタイルで提供されます。もちろんテイクアウトも可能です。ベビースターラーメンは、そのままだったら400円ですが、あんかけスタイルにしたり、フレーバーを足したりすると料金がプラスされます。

またイートインスペースでは、ベビースターラーメン以外のメニューも扱っています。アルコールを含むドリンク類やスイーツ類も楽しめるので、ベビースターラーメンを食べなくても、普通のカフェとして利用するのもおすすめです。





ここでしか買えないお土産をゲット!




ベビースターランドでは、ベビースターラーメンを使った商品がいろいろ揃っています。一般的なベビースターラーメン商品はもちろん、横浜以外のご当地ベビースターラーメンも販売されています。



ちょっと変わった横浜のお土産として人気なのは、この横浜中華街のベビースターランドでしか購入できない限定品です。「ベビースターチョコクランチ」は、ベビースターラーメンをチョコレートでかためたユニークなお菓子。小分けできるので、友だちや同僚に配るお土産としてもおすすめです。



お土産に人気の限定商品はお菓子だけではありません。ポップなデザインがかわいいベビースターラーメンのキャラクター「ホシオくん」がデザインされたグッズもお土産に人気。マグカップやTシャツ、マグネットなどのグッズが揃っています。



ベビースターランドの営業時間とアクセス




ベビースターランドは年中無休の施設です。営業時間は10時から20時までですが、土曜日と祝日前日は21時まで営業をしています。なおベビースターランドへの入場料金は無料です。

ベビースターランドがある「横浜博覧館」は、横浜中華街のメインストリートである「中華街大通り」に面した大きな建物です。1階は全面がお土産ショップとなっているので、見つけやすいと思います。

電車で横浜中華街にアクセスする時に利用するのは、JR石川町駅の中華街口(北口)もしくはみなとみらい線の元町・中華街駅の2番出口のどちらかになります。横浜博覧館は、先日お伝えした「ヨコハマおもしろ水族館」が入る「チャイナスクエアビル」のそばにあります。

「ヨコハマおもしろ水族館」は横浜中華街の笑って学べる観光スポット



まとめ




国民的なスナック菓子であるベビースターラーメンの製造工程を見学したり、ここでしか買えないお土産を手に入れることができる「ベビースターランド」。無料のうえ、見学にはそれほど時間がかからないので、食事や散策の間にちょっと立ち寄ってみるのがおすすめです。

※営業時間などの内容は、執筆当時の情報です。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です