「ヨコハマおもしろ水族館」は横浜中華街の笑って学べる観光スポット




中華の本格グルメを思い切り楽しめるのが、横浜の人気スポット「横浜中華街」です。雑誌やテレビでおすすめのレストランで食事をしたり、またレストランを利用しなくても、肉まんや小龍包などの食べ歩きグルメを楽しむことができます。

グルメの情報が中心で、観光・エンターテインメント系の情報が少ない横浜中華街ですが、食事や散策を楽しむ間に訪れてみたいおすすめ観光スポットも存在します。そのなかの1つ「ヨコハマおもしろ水族館」は、かわいい海の生き物を観察できる、子供連れにもおすすめの観光スポットです。





「小学校」がモチーフのヨコハマおもしろ水族館




ヨコハマおもしろ水族館は、2004年にお笑いの吉本興業のプロデュースによりオープンし、当初は「よしもとおもしろ水族館」といいました。その後、2013年に現在の「ヨコハマおもしろ水族館」という名前に変わっています。

ヨコハマおもしろ水族館は、「チャイナスクエアビル」という中華街の雑居商業ビル内にある水族館です。チャイナスクエアは横浜中華街の大通りに面したビルですが、入口が大通りから少し奥に引っ込んでいるので、ちょっとわかりづらいかもしれません。

ヨコハマおもしろ水族館は、中国の南の島の小学校をモチーフにした、小さな水族館です。水族館のスタートは校門から。その先にある下駄箱型の水槽のなかには、かわいい魚たちが泳いでいます。

ヨコハマおもしろ水族館は、その名称通り、「おもしろ」い水族館でもあります。ゾーンごとにテーマがある魚たちの展示はユニークそのものです。また、水族館としての規模は小さくても、300種5000匹以上の海の生き物が飼育されているそうです。

お寿司屋さんの水槽のなかに魚たちが泳いでいたり、たこ焼き屋さんの水槽のなかにタコがいたりと、笑ったり、気持ちがほっこり出来るような工夫がいっぱいです。

ヨコハマおもしろ水族館は、ただおもしろいだけでなく、海の生き物について学ぶこともできる水族館です。水槽にはクイズが出題されており、生き物たちをじっくり観察しながらクイズの答えを考えて、知らず知らずのうちに魚たちについて詳しくなることができます。



一緒に立ち寄ってみたい「赤ちゃん水族館」


ヨコハマおもしろ水族館には「赤ちゃん水族館」という水族館が併設されています。こちらは幼稚園がモチーフになっている水族館で、魚の赤ちゃんや卵などを観察することができます。種類はなんと100種以上だそうです。

赤ちゃん水族館は、小さな子供たちが生き物に親しむことができるよう工夫された造りになっています。赤ちゃん水族館のなかは土足厳禁なので、子供がハイハイをしても安心です。

幼稚園がモチーフの赤ちゃん水族館には、ジャングルジムや滑り台の水槽もあります。まだ一般水槽まで背が届かない小さな子供も、遊具で遊びながら水槽のなかの生き物を見ることができます。





ヨコハマおもしろ水族館の営業時間と料金 




ヨコハマおもしろ水族館は年中無休の観光施設です。平日の営業時間は10時から18時まで。最終入場は17時30分です。土日祝の営業時間は10時から20時(最終入場は19時30分)となります。

ただし、春休み、GW期間中、夏休み、冬休みの特別期間は平日でも20時まで営業を行います。この特別期間はその年によって開始日と終了日が変わるので、ヨコハマおもしろ水族館のウェブサイトで確認するのがおすすめです。

ヨコハマおもしろ水族館の料金は、大人(中学生以上)は1500円、子供(4才以上)は750円です。65才以上はシルバー割引があり、料金は1100円となります。

ヨコハマおもしろ水族館は、お得な前売り券の販売も行なっています。コンビニまたは、電子チケットアプリ「Webket+」で購入することができます。前売券ならば、大人は200円、子供は100円の割引となり、また、会員カードやチケットなどの提示で前売券と同じ割引を受けることもできます。対象は以下のとおりです。

  • JAF
  • わかばカード(神奈川県民共済)
  • リロクラブ
  • えらべる倶楽部
  • Benefitステーション
  • ハマふれんど
  • 特別区職員互助組合
  • ハママグ
  • 湘南勤労者福祉サービスセンター
  • みなとぶらりチケット


「みなとぶらりチケット」で横浜市営バスと地下鉄をお得に利用!



ヨコハマおもしろ水族館へのアクセス




ヨコハマおもしろ水族館は、横浜中華街のメインストリート「中華街大通り」にある「チャイナスクエアビル」3階にあります。

電車で横浜中華街にアクセスする場合は、JR石川町駅もしくはみなとみらい線元町・中華街駅のどちらかからのアクセスとなりますが、チャイナスクエアビルは、JR石川町駅からアクセスするほうが近いです。

JR石川町駅の中華街口(上り方面の改札)から、途中の横断歩道の信号で長く待つことがなければ、約5分ほどでアクセスできます。

みなとみらい線の元町・中華街駅からは、中華街寄りの改札(上り方面)を利用し、出口2番から地上に出て、中華大通りにアクセスしてください。



まとめ




観光施設が少ない横浜中華街の貴重な観光スポットである「ヨコハマおもしろ水族館」。規模は小さくても、たくさんの海の生き物たちを笑顔で観察できる、大人にも子供にもおすすめの癒し系スポットです。


※記事の内容は、執筆・更新時の情報です。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です