梅蘭 – 横浜中華街名物「梅蘭やきそば」を横浜駅エリアで堪能!




横浜中華街まで行かなくても楽しめる人気店の味、第2弾はユニークな見た目の焼きそばが名物の「梅蘭」(ばいらん)です。

野菜と肉が入ったあんを焼きそばで閉じ込めた梅蘭やきそばは、テレビなどのメディアで何度も紹介されている有名なグルメです。横浜ベイエリアでは、横浜駅エリアにある店舗でその味を楽しむことができます。





上海料理を満喫できる「梅蘭」




梅蘭は、日本人の中国旅行の行き先にも人気の上海、そしてその周辺がルーツの「上海料理」のおすすめ店です。上海は海が近いため上海料理には魚介類を使ったものが多く、また上海はかつて欧米人が多く居住したので、上海料理には西洋の影響を受けているものも多く見られるそうです。

現在は関東を中心に数多くの店舗を持つ梅蘭ですが、本店は中華街の市場通りにあります。中華街大通りから市場通りに入り、関帝廟通りを越した先にお店があります。また、関帝廟通りには「梅蘭酒家」もあり、こちらでももちろん名物の梅蘭やきそばを提供しています。



横浜ベイクォーターで楽しめる「梅蘭」




長く親しまれていた、JR桜木町駅前の「コレットマーレ」内の梅蘭は惜しまれつつも閉店しましたが、横浜駅東口の商業施設「横浜ベイクォーター」5階では、横浜駅周辺にいながら梅蘭の味を楽しめます。

梅蘭 横浜ベイクォーター店は、上品で清潔感のある店舗です。テーブル席は4名用と2名用が主で、そのほかに個室やテラス席もあります。横浜ベイクォーターは愛犬と一緒に過ごせる空間が多く設けられていますが、梅蘭でもテラス席ならば愛犬と一緒に過ごすことができます。



梅蘭 横浜ベイクォーター店はランチタイムがおすすめ




梅蘭 横浜ベイクォーター店は、平日の11時から16時までランチタイムを設けており、人気の梅蘭やきそばを始めとする自慢の料理をランチセットなどで楽しむことができます。

ランチセットは週替りのランチから梅蘭やきそばを含むセットまでいろいろ揃っています。ランチセットの価格帯は1100円から1500円ほどですが、セットにはサラダの食べ放題とドリンクバーとデザートが付いています。



新鮮な野菜を使って料理を作る梅蘭のランチサラダバーには、もちろん新鮮野菜が並びます。ドリンクバーやサラダバーのエリアは清潔感があり、規模は小さいですがホテルのビュッフェコーナーのようです。



ランチのおすすめ「特別サービスランチ」






名物の梅蘭やきそばを食べてみたい時には「特別サービスランチ」1490円(10%税込み)がおすすめです。サービスランチは2種類あり、どちらにも梅蘭やきそばの小サイズがセットされています。

梅蘭やきそばのレギュラーサイズは大きく、メニューによると、重さが約500グラムもあるそうです。小サイズならば約400グラムで、1人でいただくのにちょうど良いサイズ感です。

ちなみに梅蘭やきそばを単品でオーダーした場合は、レギュラーサイズは930円、小サイズは800円となります。

サービスランチの梅蘭やきそばは辛口にしたり、海鮮入りにしたり、また大きさをレギュラーサイズに変更することもできます。変更には料金が別に発生します。

特別サービスランチのAセットには、本日のスープと、エビチリのような小サイズの料理が付きます。Bセットには、冷菜と本日の点心、そしてエビのマヨネーズソース和えが付きます。上の画像はBセットです。



梅蘭やきそばは、一般的なあんかけ焼きそばをひっくり返したようなユニークな料理です。モヤシや玉ねぎや肉などを炒めた上にあんをかけて、焼きそばでおおった料理なのだそうです。

梅蘭の料理は、油控えめで塩分も控えめ。この梅蘭やきそばもあっさりとした薄味です。表面に焼き色がついたもちもちした麺は香ばしく、また麺の周囲は卵でかためられています。

梅蘭やきそばは、麺をほぐしながら、あんを絡めて食べ進めるのがおすすめです。あんが麺の下にあるため、料理の温度が冷めづらいのが特徴の1つです。

味付けが薄味なので、途中で味をちょっと変えてみるのもおすすめ。テーブルにはカラシやこしょう、お酢や辣油が置かれています。



梅蘭 横浜ベイクォーター店の営業時間とアクセス




梅蘭 横浜ベイクォーター店の営業時間は11時から23時です。ラストオーダーは22時となります。

横浜ベイクォーターへは、横浜駅の北口からのアクセスが便利です。「きた東口A」から地上に出ると目の前に「ベイクォーターウォーク」という、横浜ベイクォーターにつながる橋があります。この橋を渡るとベイクォーターの3階にアクセスできます。

横浜ベイクォーターへは、横浜そごうからもアクセスできます。横浜そごうの2階にある「かもめ歩道橋連絡口」から「かもめ歩道橋」を渡ると、ベイクォーターの3階にアクセスできます。

横浜ベイクォーターの3階に到着したら、エスカレーターなどを利用して、5階に上がってください。梅蘭は、レストランが数軒並ぶ通りの途中にあります。



まとめ




かつては横浜中華街の名物料理だった梅蘭やきそばですが、現在は店舗が増え、もっと広い地域で知られる人気料理となりました。見た目もおもしろく、味はもちろんおいしい梅蘭やきそばをぜひ味わってみてください。

横浜中華街まで行かなくても楽しめる人気店の味[3] 聘珍茶寮

※記事の内容は、執筆・更新時の情報です。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です