「横浜赤レンガ倉庫」は観光もショッピングも出来るお得な商業施設




みなとみらいの新港地区を代表する観光スポットと言えば、レトロな外観がおしゃれな「横浜赤レンガ倉庫」です。

明治/大正時代に建築された倉庫をリノベーションし、商業施設として利用している横浜赤レンガ倉庫は、歴史的建造物のなかを見学すると同時に、ショッピングやグルメも楽しめる、とてもユニークな施設です。

また横浜赤レンガ倉庫は、建物をバックに独特な雰囲気の写真を撮影できる人気のフォトスポットでもあります。倉庫の海側は公園になっていて眺めも良く、建物内に入らなくても横浜らしさを満喫できます。





横浜赤レンガ倉庫の歴史




2つの赤レンガ倉庫が完成したのは、1911年(明治44年)から1913年(大正2年)のことです。1911年に、先に2号館が完成しました。消火用のスプリンクラーや防火扉といった最新鋭の設備を備えた倉庫だったそうです。

第二次世界大戦後はアメリカ軍に接収されましたが、1956年(昭和31年)からは倉庫として復活します。しかしその後はだんだんと倉庫としての役割がなくなり、1989年(平成元年)にはとうとう赤レンガ倉庫は倉庫としての役割を終えました。



その後、横浜市が国から赤レンガ倉庫を取得し、改修工事がスタートします。使われていなかった赤レンガ倉庫は放置されたような状態で落書きだらけでしたが、9年にも及ぶ改修工事ののち、2002年(平成14年)、赤レンガ倉庫は文化・商業施設として新たなスタートをきりました。



歴史的建造物見学とショッピングが同時に出来る赤レンガ倉庫




横浜赤レンガ倉庫は、横浜ベイエリアの人気商業施設でありながら、横浜を代表する歴史的建造物でもあります。倉庫時代の面影を保存するかたちで改修工事が進められたので、館内に入ると、観光施設にやって来たかのような印象を受けるでしょう。

赤レンガ倉庫の館内は、天井が低く、また窓も小さいので薄暗い感じです。狭い通路の左右にショップが並び、ナイトマーケットを訪れているかのような気分になるかもしれません。館内見学とショッピングやグルメを同時に楽しめるのが赤レンガ倉庫です。



横浜土産なら1号館、ショッピングとグルメは2号館




まんなかに広場をはさんで建つ2つの赤レンガ倉庫ですが、雑貨などのショッピングやグルメが目的ならば、正面向かって左側の「2号館」を訪れてみてください。

「2号館」内では、ショッピングは1階と2階、グルメは1階と3階で楽しめます。館内は広くはありませんが、1階の奥にはフードコートもあります。

赤レンガ倉庫のフードコートで横浜名物「シウマイ」を食べよう!



また、2号館内には階段のほか、エスカレーターやエレベーターもあり、移動も楽です。



正面向かって右側にある「1号館」は、以前はイベントスペースとして利用されていましたが、現在は1階が横浜土産を中心とするショップフロアとなっています。

「1号館」のショップフロアは、元町の有名店の雑貨から定番のスイーツ土産までいろいろな横浜土産が揃う、みなとみらいエリア最大級のお土産スポットです。

横浜のおすすめお土産スポット – みなとみらい「新港地区」編



季節のイベントが楽しい横浜赤レンガ倉庫




2つの赤レンガ倉庫の間には広いスペースがありますが、この場所を利用して年間を通してさまざまなイベントが開催されています。

有名なイベントは秋に開催される盛大な「横浜オクトーバーフェスト」や、11月下旬から始まるロマンチックな「クリスマスマーケット」など。また冬季はアイススケートリンクも登場します。





大さん橋が目の前!「赤レンガパーク」




赤レンガ倉庫の海側は、緑が広がる公園「赤レンガパーク」です。ひろびろとした海に面した空間は、のどかな雰囲気。公園の敷地内にはトイレもあるので安心です。



目の前には客船ターミナルのある「大さん橋」があり、ついていれば、停泊する豪華客船を眺めることができます。客船の姿を真横から写真におさめることができるので、客船が停泊する日は、更に人気の撮影スポットとなります。



赤レンガパークには、水上バス「シーバス」の乗り場があります。赤レンガ倉庫から横浜駅方面にアクセスしたい時、または山下公園にアクセスしたい時にシーバスを利用して移動することも可能です。



赤レンガパークから「横浜三塔」を眺めよう




神奈川県庁本庁舎「キング」、横浜税関「クイーン」、横浜市開港記念会館「ジャック」は合わせて「横浜三塔」と呼ばれていますが、その3つの塔の姿を一緒に見ることができる場所は3か所だけ、と言われています。



そのなかの1か所は、赤レンガパーク内にあります。パーク内のシーバス乗り場から柵に沿って右に移動します。その行き止まり辺りにそのスポットがあります。足元に目印があるのですぐわかるでしょう。



キングとクイーンの間に、小さくジャックが見えます。三塔が見える3か所を1日でめぐると願いが叶うという伝説があるようですが、1か所だけでも嬉しいものです。横浜観光の良い思い出になると思います。



横浜赤レンガ倉庫の営業時間


横浜赤レンガ倉庫の営業時間は1号館と2号館では異なります。1階にお土産フロアがある1号館の営業時間は10時から19時まで。レストランなどがある2号館の基本の営業時間は11時から20時ですが、レストランやカフェの営業時間は店舗により異なります。



横浜赤レンガ倉庫へのアクセス




赤レンガ倉庫はみなとみらいにあるから、最寄り駅はみなとみらい駅だろう、と思われる方も多いと思いますが、みなとみらい線のみなとみらい駅から赤レンガ倉庫までのアクセスは徒歩15分以上かかります。

赤レンガ倉庫の最寄り駅は、みなとみらい線の馬車道駅です。「6番赤レンガ倉庫口」から地上に出て、まっすぐ歩き、「万国橋」という橋を渡ってから右方面に歩きます。

6番出口は階段なので、エスカレーターを使いたい場合は「4番万国橋口」から地上に出て、途中の横断歩道で道路の向かい側(赤レンガ倉庫方面)に渡ってください。

また、みなとみらい線の日本大通り駅も赤レンガ倉庫の最寄り駅です。横浜税関を左に見ながら赤レンガ倉庫にアクセスします。

あまり歩きたくない方には、先にご紹介した水上バス「シーバス」や、横浜ベイエリア周遊バス「あかいくつ」でのアクセスがおすすめです。どちらも平日・土日祝関係なく運行しています。

横浜観光スポット周遊バス「あかいくつ」でお得に人気スポット巡り


「シーバス」で横浜港をお手軽クルージング!海上からみなとみらいを眺めよう



まとめ




横浜の歴史的建造物の内部を散策しながら、ショッピングやグルメも楽しめる「横浜赤レンガ倉庫」。館内だけでなく、パーク内も散策して海を間近に感じてみてください。


※記事の内容は、執筆・更新時の情報です。


 



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です