横浜ランドマークタワーの展望台は絶景スポット!誕生日は料金無料!




みなとみらい地区のシンボル「横浜ランドマークタワー」。大阪に「あべのハルカス」が出来るまでは、日本で一番高いビルとして有名でした。しかし2番となっても、横浜の空を目指してそびえ立つ姿は、横浜市民としてはとても誇らしく感じます。

地上70階の横浜ランドマークタワーですが、69階には展望台の「スカイガーデン」があります。360°ぐるりと景色を見渡すことができるスカイガーデンは、昼間の眺めも素晴らしいですが、夜は横浜の人気夜景スポットになります。

2020年6月にはリニューアルオープンし、更におしゃれ感がアップした、横浜ランドマークタワーの展望台「スカイガーデン」。実は年に一度は無料で利用することができます。





横浜ランドマークタワーの展望台「スカイガーデン」へのアクセス




69階にある展望台スカイガーデンへは、受付でチケットを購入後、横浜ランドマークタワー内の特別な高速エレベーターを使ってアクセスします。

スカイガーデンの受付は、慣れていない方にはちょっとわかりづらい場所にあります。JR桜木町方面からアクセスする場合は、横浜ランドマークタワーに続く「動く歩道」を利用してアクセスします。「動く歩道」を降りて、横浜ランドマークタワーに入る手前の右側に展望台の受付に続く入口があります。

みなとみらい線のみなとみらい駅からアクセスする場合は、横浜ランドマークタワー(実際には横浜ランドマークプラザという商業施設部分です)の3階をJR桜木町駅方面に進み、インフォメーションカウンターの先にある出口から一度外に出ると、すぐ左側に展望台受付に続く入口があります。

横浜ランドマークタワーへの行き方は?最寄り駅からのアクセス案内



展望台「スカイガーデン」の料金




スカイガーデンへの入場料金は、大人(18才から64才)は1000円、高校生とシニアは800円、小・中学生は500円、4才以上の幼児は200円です。

横浜ランドマークタワーのウェブサイトの「展望フロア スカイガーデン」のページより、前売りチケットをオンライン購入することができます。オンライン購入すると、年齢により100円から200円の料金割引があります。当日はスタッフさんにスマホの購入画面を提示します。



展望台「スカイガーデン」の営業時間


スカイガーデンの営業時間は、10時から21時までです。最終入場は20時30分となります。また延長営業を行なう時もあり、その場合は22時までの営業です。(最終入場は21時30分)

スカイガーデンの延長営業は、土曜日、翌日月曜日が休みの時の日曜日、ゴールデンウィーク、夏休み期間、クリスマス期間に行なわれます。またその他に、年末年始の特別営業があります。



69階から横浜を360°見渡せる展望台「スカイガーデン」




展望台スカイガーデンの受付入口のなかに入ると下りのエスカレーターになっています。そのエスカレーターを降りた正面に、チケット販売ブースと券売機があります。

チケットを購入したら、超高速エレベーターで一気に69階の展望フロアに上がって行きます。揺れもほとんどなく、あっという間に展望フロアに到着します。



エレベーターを降りた目の前には、ザ・横浜と言えるような迫力のある横浜港の眺めが広がり、また想像以上の高さにも驚くかも知れません。

スカイガーデンは、横浜ランドマークタワーの中心の周囲をぐるりと一周出来るような造りになっていて、それぞれの角度から横浜の違った眺めを楽しめます。



人気の眺めはやはり横浜港方面です。眼下にはみなとみらいエリアの風景と海が広がっています。日中も素晴らしい眺めですが、暗くなってきてからは、デートにも人気のロマンチックな夜景スポットに変身します。



ランドマークタワーの展望台から見ることができるのは横浜の風景だけではありません。天気が良い日には東京スカイツリーなどの東京方面や、伊豆半島や富士山も見ることができます。



展望台「スカイガーデン」リニューアル後の新施設




リニューアル前の展望台「スカイガーデン」にはスカイカフェという展望台カフェがありましたが、現在は気軽に立ち寄れるスタンドスタイルのカフェに変わっています。



スカイカフェの向かい側には、座ってドリンクや軽食などを楽しみながら風景を眺めることができるスペースが新設されました。このスペースは、スカイカフェの利用がなくても使うことができます。



横浜のおすすめのお土産が揃う「タワーショップ」もリニューアル。おしゃれ感が高い洗練されたスペースに生まれ変わりました。横浜のお土産や横浜ランドマークタワーにちなんだオリジナルグッズがバラエティ豊かに揃っています。



リニューアルで新設された「空中散歩マップ」はちょっとユニークなエリアです。床に横浜の地図が投影されていて、踏んだ場所に関する情報が壁面に映し出されます。



壁が本棚になっているエリアは「横浜・空の図書館」。横浜・神奈川、そして空に関する約2000冊の図書が並べられており、自由に閲覧できます。



横浜の観光スポットのパンフレットなどが置かれた観光情報コーナーも、リニューアルで新設されたエリアです。「このあとどこに行こう?」となった時に、ぜひ活用してみてください。



展望台「スカイガーデン」は誕生日は無料!




一般料金は1000円する横浜ランドマークタワーの展望台ですが、なんと誕生日当日ならば無料で入場することができるキャンペーンを開催しています。当日は年齢確認できるものを受付で提示してください。

また本人以外の同伴者(4名まで)は割引料金で入場することができ、大人料金ならば300円割引の700円、ほかの年齢の料金はすべて200円引きで入場できます。



まとめ




驚くほどの高さから横浜だけでなく東京や富士山などを眺めることができる横浜ランドマークタワーの展望台「スカイガーデン」。夜景デートで利用すればムードが盛り上がること間違いなしです!また誕生日の無料キャンペーンは本当にお得です。ぜひ利用してみてください。

※記事の内容は、執筆・更新時の情報です。誕生日の無料キャンペーンは利用する前に終了していないか確認をお願いします。

https://www.yokohama-landmark.jp/skygarden/




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です