横浜駅のエンタメ施設「アソビル」へGO!わかりやすいアクセスは?




2019年3月に、横浜駅東口エリアにオープンした複合型エンターテインメント施設「アソビル」。ランチや夜ご飯におすすめの飲食店もあり、連日多くの人が訪れています。

アソビルは新しく建てられた建物ではなく、もともとあった古いビルを改装して利用しています。そのため横浜駅エリアに慣れていない方にはちょっとわかりづらい場所かもしれません。そこでアソビルへのアクセス方法をまとめてみました。

横浜駅東口のエンタメ施設「アソビル」!人気の各フロアをご紹介!





郵便局の建物だったアソビル




横浜駅の東口には横浜中央郵便局がありますが、アソビルは、横浜中央郵便局の別館を改装してオープンしたエンタメ施設です。アソビルのなかはどことなく古い倉庫のなかにいるような雰囲気で、その空間が逆に新しくおしゃれに感じます。

アソビルがある建物は大きく、地上4階建てです。しかし建物は大きくても、周囲の建物に隠れてしまっているので、初めて訪れた時には「どこにあるのかな?」と戸惑う方もいらっしゃると思います。



アソビルへのアクセス


横浜駅エリアに慣れていないと迷ってしまうことが多いアソビルへのアクセスですが、2方向からアクセスすることができます。



1. JR横浜駅中央改札・北改札、京急線横浜駅、東横/みなとみらい線横浜駅からのアクセス






JR横浜駅中央改札、京急横浜駅の中央改札と南改札、東横/みなとみらい線改札からは、横浜駅の中央通路を通り、東口の地下街「横浜ポルタ」に降りる手前まで、まずアクセスします。

JR横浜駅と京急の北改札からは「きた東口C」の通路を通り、横浜ポルタのなかに入ったら右に進みます。エスカレーター/階段がある場所に出たら、地下から上に上がるかたちでこの場所にアクセスします。



地下街に降りる手前を右側に進み(ポルタから上に上がってきた場合は左)、すぐ先にあるエスカレーター/階段で地上に出ると、右側に横浜中央郵便局が見えます。





郵便局の右脇三角の屋根がついた通路の入口があるので、そこから通路に入り、少し進むと左側にアソビルにつながる入口があります。

また、横浜中央郵便局の左手にある道をまっすぐ進み、川の手前で右に曲がると、アソビルのもう1つの入口があります。



2. JR横浜駅南改札、相鉄線横浜駅、市営地下鉄横浜駅からのアクセス




JR横浜駅の南口改札の前は、東口方面に続く広い通路となっています。相鉄線の1階改札からは、改札の右にあるエスカレーター/階段で地下1階に降りてきたところ、地下鉄の駅からは、JR・相鉄連絡改札口から地下1階に上がってきた先になります。

この通路を東口方面(JR改札からは左方面)に進むと、その先は2手に分かれています。アソビルにアクセスするには、右側の、上り階段があるほうに進みます。その先の通路を進んだ右側にアソビルにつながる入口があります。

ただこの通路は階段があり、ベビーカーが一緒の場合は移動が大変です。もし階段を使いたくない場合は、少し遠回りになりますが、2手に分かれているところを左側に進んで行くと、横浜ポルタ方面に出ることができます。ここから先のアクセスは、1でご案内したアクセス方法を参照してください。



まとめ




横浜駅周辺をよく利用していても、最初はちょっとわかりづらかったアソビルの場所ですが、一度わかってしまえば、こんなに近かったんだ、と思える場所でした。なお、JR横浜駅の南改札前の通路から階段を登って通路に出る方法ならば、お天気が悪くても濡れることなくアソビルにアクセスできます。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です